So-net無料ブログ作成

(旧)だいこん屋の赤だし

P1020543.JPG  自由ヶ丘にあった和食やさんの赤だし。
月替わりのお店なので、うまいもの倶楽部の副部長と月1で通っていた。部長は勿論、私である。
だいこんやに通う前の年は<東京中のフォアグラを食べ尽くそう>のスローガンのもと、毎月、フレンチを食べ歩いていた。その年の年末、忘年会を兼ねて結構お高い六本木にある鉄板焼きSで、高脂肪高カロリーの美味しいモノ三昧をしたら、ついに罰が当たってしまった。私は帰り道、副部長は家に帰ってから、それはそれは大変な目に遭い<もう、フレンチ系は止めよう>となったのである、決してSの具材が悪かったのではなく、我々の胃袋が対応出来なかっただけなのだと察した、、年なんだ・・。
そこで通い始めたのが和食の<だいこんや>である。一番上のコースでも1万円だった。それが美味しいのである。
コース最後のご飯に付いて来たのがこの赤だし。写真は骨董の猪口に入れてあるが、その位のの大きさの器に入っていつも出てくる。
来客時、和食系ならこの赤だしを骨董猪口に入れて出す、結構、鼻が高くなる。

<材料>
出汁・・・適量
赤味噌(黒っぽいのがお勧め)・・・適量

<作り方>
●ちゃんと鰹節でだしを取る、味が薄かったらカツオだしの素を加える(分けとく山の大将が、主婦のいいところは味が足りない時、だしの素を使えるところだ、と仰っていた!だから威張って使おう)
●取った出汁に赤味噌を加えのばす。
●小さめの器に熱々を注ぎ、あれば杉板などの平たい蓋をして出す。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。